神奈川県の役立つ制度のご紹介

私たち弁護団・原告団は、患者団体や行政・医療関係者のみなさんとも協力し、すべてのウイルス性肝炎患者のみなさんが安心して医療を受けられるように医療制度の改善などにとりくんでいます。
ここでは神奈川県におけるウイルス性肝炎患者のみなさんに役立つ制度などを紹介します。

肝炎ウイルス検査

肝臓は「沈黙の臓器」とよばれ、深刻な症状になるまで自覚症状はありません。とくにB型肝炎は検査結果が正常でも、突然、肝がんを発症することがあります。自分の健康を守るためにも、必ず一度は肝炎ウイルス検査を受けましょう。無料で受けられる制度もあります。お住まいの自治体・保健所にお問い合わせ下さい。

国立研究開発法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター「肝炎ウイルス検査マップ」
http://www.kanen.ncgm.go.jp/kan-en/
※全国の自治体(都道府県・区市町村)がおこなっている肝炎検査の情報を調べることができます。

神奈川県のページ「肝炎ウイルス検査について」:
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f160055/
横浜市 けんしん専用ダイヤル 
電話番号 045-664-2606
川崎市 健康福祉局 安全部 感染症担当
電話番号 044-200-2441
相模原市のページ「無料B型・C型肝炎ウイルス検査のお知らせ」
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kenko/kenko_shinsa/001379.html
横須賀市のページ「肝炎ウイルス検診」
https://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/3130/g_info/l100051042.html
藤沢市のページ「肝炎ウイルス検診のご案内」
https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/kenko-z/kenko/kenko/kenkoshindan/kanen.html

もしも肝炎ウイルスに感染していたら、病院で精密検査を受けることが必要です。その後も継続的な経過観察や、場合によっては治療が必要になります。

(参考)神奈川県の平成27年度用「肝炎精密検査費用助成制度(ウイルス性肝炎重症化予防推進事業)」チラシ(相模原市のホームページから)
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/032/357/seimitukensa.pdf

B型肝炎ウイルスの感染者は、集団予防接種の被害者への賠償として、国から「給付金」が受けられることがあります。当弁護団までご相談ください。
横浜市内、川崎市内、相模原市内、小田原市内、横須賀市内など、県内各地での無料相談会も開催しています。

B型肝炎「給付金」はもうご利用になりましたか?
ご相談は、045-264-8740 全国B型肝炎訴訟東京弁護団まで。メールでの資料請求はこちら

ウイルス性肝炎治療費・定期検査費用の助成

ウイルス性肝炎は、専門医による治療・検査を続けることが大切です。その費用を補助する制度をご紹介します。

抗ウイルス治療むけ肝炎医療費の助成

役立つ情報_薬AdobeStock_47022980

対象となる治療は、インターフェロン、核酸アナログ製剤、C型肝炎経口新薬です。
申請には、神奈川県または東京都が指定した肝臓専門医療機関の所定診断書が必要です。ウイルスの種類により利用できる薬もことなりますので、ご希望の方は肝臓専門医療機関でご相談ください。

医療費助成:東京以外共通

NEW! 対象薬が拡大
C型肝炎の新しい薬「ヴィキラックス」「ハーボニー」なども助成の対象になりました。

神奈川県のページ「神奈川県の肝炎に対する取組」
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7029/
※「肝炎治療医療費助成制度」をご覧ください。

(上記以外の方むけ)定期検査費用の助成 NEW!

役立つ情報_検査AdobeStock_61315352 [更新済み]

抗ウイルス治療の助成を受けていない方には年2回まで定期検査費用が助成されます(所得制限あり)。
対象は、血液検査、超音波検査(肝硬変・肝がんの方はCT・MRI)などで、神奈川県と東京都が指定する医療機関で受けたものです。お問い合わせは県庁まで。
※現在、助成手続きに必要な書類代、診断書料などは助成の対象になっておらず、定期検査の内容によっては、その費用が助成額を上回ってしまうことがあります。医療機関や自治体等と事前によくご相談の上、ご活用下さい。B型肝炎原告団・弁護団でも、患者会などとともに改善を国に求めています。

検査費用助成:共通

NEW!  平成28年度から(2016年4月1日から)、従来の対象者(住民税非課税世帯の方)にくわえて、世帯の市町村民税(所得割)の合計額が23.5万円未満の方にも、定期検査費用の一部が助成されることになりました。
新しく対象となった方で、医療機関等でのご案内体制が整うまでに利用されたい方は、下記の神奈川県庁の担当課までご相談ください。個別に対応してくださるとうかがっています。

神奈川県の「定期検査費用助成制度(ウイルス性肝炎重症化予防推進事業)」
神奈川県 保健福祉局 保健医療部 がん・疾病対策課(がん・肝炎対策グループ) 電話 045-210-5015
(参考)神奈川県の平成27年度用「定期検査費用助成制度(ウイルス性肝炎重症化予防推進事業)」チラシ(相模原市のホームページから)
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/032/357/teikikensa.pdf

肝硬変の方への支援制度

役立つ情報_肝硬変気球AdobeStock_53153942

重い症状の肝硬変の方には、生活をささえる制度ができました。
最近、それぞれの制度で、重症度を判断するための基準が実態にあわせて見直され、対象者が拡大されています。ぜひご利用下さい。

身体障害者手帳

「肝機能障害」の程度に応じた介護、医療費や交通費助成など、自治体からのサービスが受けられます。
NEW!平成28年4月から認定基準が緩和されました。
医療機関の相談窓口やお住まいの市町村の福祉事務所・障害福祉担当窓口にご相談ください。

(参考)
厚生労働省「身体障害者障害程度等級表の解説(身体障害認定基準)について」の一部改正について(平成28年2月4日)NEW!
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/20160219kijun.pdf
厚生労働省「身体障害者手帳」のページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/shougaishatechou/
厚生労働省「肝臓機能障害の認定基準に関する検討会」(平成27年9月29日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-syougai.html?tid=268429

B型肝炎「給付金」はもう利用されましたか?

私たち弁護団・原告団と国の「基本合意」にもとづき、過去の集団予防接種でB型肝炎に感染した方への補償制度(「給付金」)ができました。全国で2万人以上が給付金を受けとっています。
無症候性キャリアの方も、手続きをすませておけば、検査費用や家族へのワクチン接種費用などが無料になり(回数や対象に限定があります)、また、発症したときには病態に応じた「給付金」が支払われますので、万が一のそなえになります。
母子感染と思っている方も、対象になることがあります。他の法律事務所でことわられた方も、あきらめる前に弁護団にご相談ください

お問い合わせ先・ご相談先

神奈川県にお住まいのみなさんを担当している弁護団はこちらです。

全国B型肝炎訴訟東京弁護団
(事務局)〒160-0004東京都新宿区四谷1-4 四谷駅前ビル 東京法律事務所内
電話 045-264-8740 / 03-3355-0611 FAX 03-3357-5742

B型肝炎訴訟の2つの目的

①集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染させられた被害者のすみやかな個別救済、
②すべてのウイルス性肝炎患者が安心して医療を受けられる体制の整備
 この2つの目的のため、患者さん、そして行政や医療関係者のみなさんと一緒に活動しています。

 ※医療機関の方へ
 いつもお世話になっております。医療機関と協力しての相談会も実施しております。また、給付金制度や弁護団の紹介、近隣で開催される相談会のチラシの普及・設置などにご協力ください。上記の担当弁護団までご連絡をいただければ幸いです。