6月24日、歯科の感染対策を考えるシンポジウムを開きました。

2017年6月24日、全国B型肝炎訴訟東京原告団・弁護団では、東京歯科保険医協会にもご協力をいただき、「歯科の感染対策を考えるシンポジウム~より安全・安心な医療を目指して~」を開催しました。
患者さん、歯科医、国・厚生労働省の3者が一堂に会し、今後の感染対策を考える会となり、全国から250人をこえる方が参加されました。

詳細については、以下のコラムでご紹介します。あわせてお読み下さい:

https://bkan-tokyo.com/news/column/post/2860